始めて漢方薬を通販で買う時に気を付けるべきこと

安全に漢方薬を購入しよう

漢方薬と医薬品、違いは?

医薬品の中には、漢方薬と呼ばれるものがあります。 古くから伝わる漢方薬ですが、一体どのようなもののことを指すのか、またその特徴などを詳しく知らない方は意外と多いのではないでしょうか。 このページでは、改めて漢方薬について詳しく見ていきましょう。

漢方薬ってなに?

皆さんは病気や怪我をしたとき、どうしますか?
症状が軽ければ、自然治癒するのを待ったり、市販の薬で治療したりしますし、病院に受診して検査してもらったり薬を出してもらったりして、何かしらの治療を行いますよね。
私たちの身の回りには、たくさんの薬があり、町にある薬局で購入したり、病院で処方箋をもらって薬剤師から購入したりすることができます。

そんな薬には、本当にたくさんの種類があります。
例えば、風邪薬と一口に言っても、熱がある場合とそうでない場合、または鼻水と咳だけの場合など、様々な症状の程度によって必要な薬は変わってきます。

薬は、正式には医薬品と呼ばれます。
この医薬品には、第一類~第三類まで分類されています。
簡単に言うと、第一類は副作用などのリスクが最も高いために、必ず薬剤師が販売する薬のことです。
一部の胃薬や毛髪用薬などが含まれます。
第二類は、第一類ほどではないにしろ副作用のリスクがある医薬品が分類されています。
風邪薬などがこれにあたります。
第三類は第一類、第二類以外の医薬品で、ビタミン剤や整腸薬などを指します。
こういった分類のある医薬品とは、その効能や副作用について調査が行われ、厚生労働大臣に認可をとったものです。

では、私たちの生活になじみの深い漢方薬はどうでしょうか?
漢方薬は、東洋医学に基づいて用いられる薬で、基本的に医薬品の一種と考えることができます。

そんな漢方薬も、最近では通販で購入することができるようになりました。
まだまだ薬を通販で購入するのは怖い、と思う方のために、このサイトでは漢方薬を通販で購入する際の注意点についてご紹介していきます。

漢方の落とし穴

私たちにとってはお馴染みの漢方薬は、身体を整えてくれるものであることが分かりましたよね。 しかし、漢方薬も薬の一種。 西洋医学による薬と変わらず、副作用などのリスクが常につきまといます。 このページでは、そもそも漢方薬にはどんな種類があり、どんなことに気を付けたらいいのかをご紹介していきます。

通販で購入する際の注意

最近では、薬をネットで通販することができるようになりました。 非常に便利で、今まで以上に手軽に薬を手に入れることができるようになったものの、いまだに不安に思う方もいらっしゃるかと思います。 このページでは、ネット通販で漢方を購入する際に気を付けてほしい点などをご紹介していきます。

TOPへ戻る