>

漢方薬と医薬品、違いは?

漢方薬と生薬

漢方という言葉は、テレビのコマーシャルなどでも1度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。
そもそも、漢方きは中国漢方と日本漢方の2種類に分けることができます。
中国漢方とはその名の通り、中国で独自に発展した医学と薬学のことです。
対して日本漢方は同様に日本独自の医学、薬学のことですが、元を辿れば古代中国から伝わってきたものを発展させたものです。

生薬、という言葉があります。
これは簡単に言えば漢方薬の素材のことです。
薬草の葉や根、皮や種に至るまで、その全てを生薬と呼びます。
こういった生薬を適当に組み合わせることで、漢方薬ができるのです。
例えば、葛根や生姜などの生薬を組み合わせて葛根湯という漢方薬を作る、といった具合です。

漢方と漢方薬

先程お話したように、漢方とはそもそも中国から日本に伝来したものでした。
昨今で「漢方」とは、日本で独自に発展を遂げた日本漢方のことを指すことがほとんどです。

漢方の特徴についてもう少し詳しく見ていきましょう。
西洋医学と大きく違うのは、その観点です。
西洋医学の場合、患者の個別の症状を元に病気を見つけ、治療することが目的です。
しかし漢方の場合は、その病気の原因に着目し、体の調子を整えることを目的としています。
漢方とは、その医学方法論自体を指し示しているのですね。

その漢方の考えを元に用いられる薬こそ、漢方薬というわけです。
何気なく使っている漢方薬について、少し知ることができたでしょうか?
漢方薬を購入する際に、少しでも思い出してくださいね。


TOPへ戻る