>

漢方の落とし穴

天然の薬だから安全?

漢方薬の原料は、先ほど述べたように薬草の葉や根など、自然のものです。
そして、西洋の医薬品よりも比較的副作用が穏やかなのも確かです。
漢方薬に使われる生薬は、長年の研究の中で毒性の強いものは排除しています。

しかし、だからといって全く副作用がないというわけではありません。
西洋の医薬品であるモルヒネは、強い効能と副作用を持ち合わせています。
そんなモルヒネも、もとは薬草から抽出されたものです。
また、抗がん剤の中にも植物由来のものが使用されています。

このことからわかるように、天然の植物を使っているから安全、とは言い切れないのです。
使い方を間違えれば、危険な副作用をもたらす毒となりかねません。
西洋薬と東洋薬の互換性や、飲み合わせによる副作用、さらに薬物アレルギーといった様々なリスクは、予測できないものもあります。

医薬品との相互作用

漢方薬と西洋薬を併用して服用しているという方も少なくないのではないでしょうか。
漢方薬は、医薬品(ここでは西洋薬を主に指します)との相互作用によってなにかしらの不都合が起きる場合があります。
漢方薬は体の調子を整えるのが本来の目的であるとしました。
漢方薬で胃や腸を整えようとしているときに、医薬品を服用すると、漢方薬の作用によってその医薬品の効き目が弱くなってしまったり、反対に副作用を助長してしまう危険性があります。

手術や抗がん剤治療を行っているときに、医師に相談せずに漢方薬を服用していた、というケースは、意外と多くあります。
健康を維持するなどの目的で利用するのとは違い、そういった手術や治療に異常をきたす可能性がありますから、素人判断で服用するのは控えておいた方が良いでしょう。


TOPへ戻る