>

通販で購入する際の注意

広告表現に注意

通信販売で漢方薬を購入することができるようになり、さらに簡単に漢方薬を手に入れることができるようになりました。
直接買いに行く時間がない方や、近くに薬局がないという方でも、漢方薬を購入することができるので、大変便利ですよね。

しかし、そんな通販でも、気を付けなくてはならないことがあります。
それは、広告表現です。
漢方薬は、その効能は厚生労働大臣によって認可され、その認められた効能を表記すること自体は問題とはなりません。
しかし中には、まるで医師が推薦したかのような表現をしていたり、その効能を誇大したりといった広告が見受けられます。
こういった誇大表現は、薬機法、つまり薬に関しての法律の中で禁止されています。

また、承認される前の薬の効能や製造方法などを広告することも禁止されています。
安易に広告を信じて購入しないように注意しましょう。

漢方薬の輸入販売に気を付けて!

薬の輸入に関しては、問題になりがちなため注意が必要です。
なぜ問題になりやすいのかというと、漢方薬を輸入する場合は多くの手続きが必要とされるためです。
まず輸入するまでに、輸入してもよいか、という許可得ること、販売する場合の製造販売許可をとることはもちろん、業界独自の安全基準を満たしていることを確認しなくてはなりません。
また、日本に自生する植物や動物たちにも悪い影響を与えないか調査したり、麻薬ではないかどうかの確認をしたりといった様々な手順を踏んでやっと販売することができます。

ですから、これらの基準をスキップして勝手に販売されている薬は、許可をとっていないため安全性が不透明で、法律違反となってしまいます。
通販サイトでも、こういった薬が紛れている可能性は否定できません。
まずは医師にきちんと確認してから、購入するようにしましょう。


TOPへ戻る